a:24642 t:4 y:21

Cドライブの空き容量不足の解消

Windowsが動作するためには、数百MB~数GBの空き容量を必要とします。
このため、システムドライブ、つまり「Cドライブ」の空き容量が減ってくると、
Windowsの動作が遅く、不安定になってきます。

いよいよ、「Cドライブ」の空き容量がほとんどなくなってくると、
どうにかして空き容量を増やすことができないか考えるわけですが、
これがなかなか、思うようには増えてくれないのです。

とりあえず、「ディスクのクリーンアップ」なんてのは試してみたりするわけですが、
「ディスクのクリーンアップ」だけでは削除されないデータも多いので、注意が必要です。

ここでは、なぜ「Cドライブ」がいっぱいになってしまうのかということとあわせて、
「Cドライブ」の空き容量を増やす方法をまとめていきます。

(インターネット一時ファイルの削除)

基本ですが、安全かつ手っ取り早い方法です。
パソコンによっては、1GBほどの空き容量を確保できるかもしれません。

パソコンを使っているほとんどの人は、インターネットを利用していると思います。
ただ、人によってよく見るページというのは、ある程度決まっているものです。
何度も繰り返しインターネットへ読みに行くようなデータは、
手元に保存しておいて、そこから表示させたほうが楽なのです。

このように一時的に保存されたファイルは、一般的にキャッシュファイルといいますが、
IEでは、「インターネット一時ファイル」という呼び名がついています。

インターネット一時ファイルが保存されている場所は、以下のとおりです。
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\Local Settings\Temporary Internet Files

わざわざパスをたどらなくても、インターネット一時ファイルは、
IEのメニューバーの「ツール」
→ 「インターネットオプション」
→ 「全般」タブ
から削除することができます。

(「Temp」フォルダ内残存ファイルの削除)

「Cドライブ」内に、「Temp」という名前のフォルダがあると思います。
「Temp」とは「Temporarily」の略で、文字通り一時的に保存されたファイルのことです。
「Temp」フォルダ内のファイルを削除すれば、
ほとんどリスクなく、数GBの空き容量を確保できるかもしれません。

たとえば、Windowsが使っている「Temp」フォルダには、以下のようなものがあります。
C:\WINDOWS\Temp
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\Temp
これらの「Temp」フォルダは、プログラムをインストールしたりするときに、
圧縮されたファイルを展開する場所として使われます。
いわば、作業台のようなものです。

つまり、インストール等の作業が完了してしまえば、これらのファイルは不要なのです。
削除してしまっても構いません。

長く使っているパソコンでは、
特に上記2つのフォルダに、大きなデータが収められている可能性があります。
これら「Temp」フォルダを空にするだけで、
「Cドライブ」の空き容量不足から開放されるかもしれません。

(「C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download」の削除)

ハードディスク、特に「Cドライブ」の空き容量が少なくなってくると、
パソコンがまともに動かなくなってきます。
そこで、いろんな手段を駆使して空き容量を増やそうとするわけですが、
パソコンによっては、ひときわ大きなデータが収められたフォルダがあったりします。

その場所は、
C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download
です。
見るとランダムな英数字の名前でフォルダがたくさんあり、
実に、数GBものサイズにふくれ上がっていることも珍しくありません。

で、気になるのは、「削除してしまってもいいの?」ということですね。

「C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\Download」の中身は、
ダウンロードした、もしくはダウンロード中の、「Windows Update」用のファイル群です。
つまり、これらは「Windows Update」用のダウンロードキャッシュファイルです。

ダウンロードが無事成功して、アップデートが完了しても、
これらのファイルは後生大事に保存しておく仕様のようです。
特に、
・ Windows XPの初期の頃から使っている
・ 自動更新が有効
・ インターネットの接続が不安定
というようなパソコンでは、
現在までに相当なサイズのファイルが蓄積されてきていることと思われます。

「Windows Update」のバックアップファイルは別の場所にあるので、
ダウンロードキャッシュをすべて保存しておく必要はないと思います。
てか、一旦アップデートを適用したら二度と使わない気がします。

ひょっとすると、
現在進行形でダウンロード中のファイルも、まとめて削除してしまうことになりますが、
ダウンロードしなおしたらすむだけの話なので、全削除で一掃したほうがいいと思います。